松戸の生活情報サイト::Helloまつど.com

特集記事

Vol.266 -- 2022 年 06 月号

徳川文武の「太平洋から見える日本」 徳川文武

第百五十七回 廃車目的で渡米したが果たせず

  米国にある私のポンコツVW(88年型フォルクスワーゲン・フォックス)を廃車にしようと、この春二回目の渡米をしたが、結論としてできなかった。最大の原因は、車の鍵が手元になかったからだ。今回は七日間の渡米で「無料引取り寄付」が叶うと計画していたが、そうは行かなかった。

米国での情報のやり取りのために日本から、タブレットPCと携帯電話を持って行き、米国で米国の携帯電話を手に入れることにした。 四月二十二日(金)には、車の扉を開けるために、保険屋に頼んで「開錠屋」を現地へ送ってもらった。そのあと車を「鍵屋」へ運ぶレッカーを手配してもらい、レッカーは遅れて四時ごろに来たものの、私の車を荷台に乗せるための鎖巻上げがほどけない。仲間が応援に来たが問題は解決せずに帰ってしまった。どちらにしても、鍵屋は週末は休業なので、来週月曜日二十五日でないと合鍵は作ってもらえない。月曜日には、保険屋に別のレッカーを送るよう要請したが、私は自分のレンタカーの中でレッカーが到着するまで三時間も待たねばならなかった。九マイルほど離れた鍵屋は午後五時半に店を閉めると言うのに、このレッカーはぎりぎりの時間で到着した。この日も合鍵はできず、翌日火曜日午前中に出来ることになった。鍵は予備も入れて二本で百二十ドルだった。今回来たレッカーの運転手はえらく調子がよく、ジョギングで通りがかる二人の女性に声をかけ、私の車を押す補助を頼み、荷台に私の車を乗せた。

 この朝、私は日本への帰国前にサンフランシスコ空港敷地内のPCR屋外検査場で以前と同様に検体を取ってもらわなければならない。今回は八時頃に行くことにしたが、さすがこの時間には先着車は数台しかなかった。次は鍵屋から十五マイル離れている「持ち主が変わった以前の車修理屋」まで、また別のレッカーで車を運んでもらったのが午後二時半ごろだった。私の車を引取ると言っていた以前の修理屋は違い、「こんなポンコツを俺は取らない」と言われ引き下がらざるを得なくなった。前の修理屋はハンガリー人の移民で、長引くコロナに耐えられず引退した。これを引継いだ現在の修理屋は始めが肝心と厳しい。そこでまた保険屋にかけあって、車を駐車させてもらっている友人の敷地へ、別のレッカーで移動してもらうことにした。

今度来たレッカーの若者は敏捷で私の車を車台に乗せるのも早く、私がぐずぐずしているうちに先に友人の番地に到着し、敷地ではなく大通りに車を降ろして、私を待たずに帰ってしまった。車は公の道端に長期に駐車すると違反になる。私の車は友人の家の車庫の外側の傾斜地に駐車している。友人には自宅勤務の間借り人が住んでいるので、何とか彼と二人で、数度ほどの上り傾斜地へエンジンがかからない私の車を押し上げたい。車の手押しに二人でふうふう言って苦しんでいると、車で通りかかったメキシコ系の若者が乗る白い大型のバンが停車して、力がありそうな二人の男が降りてきた。私は車に入りハンドルを回し、私の友人と合計男三人が車を車庫の傾斜地へ押し上げてくれた。ありがたや、神さま仏さま。私が車の駐車地を借りている友人の若い間借り人はソフトウエア技術者で仕事は自宅勤務だと言う。かれは音楽の素養がありチェロを素人に教えている。彼の音楽仲間の日本人女性が二人いるので、今回の渡米でお近づきに、私が自宅に住んでいた隣町のマウンテンビュウにある広東系中国料理店で持ち帰り用に献立を作ってもらい日曜日に夕食を共にした。この地域では料理店は店内営業はしていない。注文には香酢スープ、大ヒラメ唐揚げ、宮廷鶏、牡蠣風味中国油菜、白飯を選んだ。帰国の前日には、改めて助けてくれた彼と一緒にサンタクララのベトナム料理屋で皿盛りの骨付き豚肉薄切り焼の夕食を食べた。

このコーナーへのご意見やご感想をメール、FAX、おたよりにてお寄せ下さい。(送り先 月刊ハロー編集部)

その他の記事とバックナンバーのリンク

徳川文武の「太平洋から見える日本」 -- 2022年12月号 (Vol.272)

徳川文武の「太平洋から見える日本」 -- 2022年11月号 (Vol.271)

徳川文武の「太平洋から見える日本」 -- 2022年10月号 (Vol.270)

徳川文武の「太平洋から見える日本」 -- 2022年09月号 (Vol.269)

徳川文武の「太平洋から見える日本」 -- 2022年08月号 (Vol.268)

徳川文武の「太平洋から見える日本」 -- 2022年07月号 (Vol.267)

徳川文武の「太平洋から見える日本」 -- 2022年06月号 (Vol.266)

徳川文武の「太平洋から見える日本」 -- 2022年05月号 (Vol.265)

徳川文武の「太平洋から見える日本」 -- 2022年04月号 (Vol.264)

徳川文武の「太平洋から見える日本」 -- 2022年03月号 (Vol.263)

特集記事アーカイブ

バックナンバーの目次へ



月刊 Hello!

毎月22日頃発行

松戸のタウン情報誌 月刊 Hello!
松戸のタウン情報誌



【PR】

杉浦葬儀店 無料見積もり

エムズジャパン求人募集

レギュラー記事

イベント情報

イベント情報

松戸の催し

健康

知って得する情報

健康

クーポン集

すぐに役立つ

クーポン集

アクセスマップ

↑ PAGE TOP