松戸の生活情報サイト::Helloまつど.com

特集記事

Vol.267 -- 2022 年 07 月号

徳川文武の「太平洋から見える日本」 徳川文武

第百五十八回 国土が巨大な国の統治

 いま世界を騒がせている人道的課題は、ロシアがウクライナに三カ月以上も無差別武力攻撃を続けていることである。多数の死者が出て、多くの被災者が近隣諸国へ移動し、その波が止まらないことである。ロシアの独裁者であるプーチンはウクライナはロシアが取仕切るべきであると暴言を吐いているが、ロシアと言う国の発展の歴史からも、ロシア経済がウクライナ産業に大きく依存していることは理解できる。しかし、今回の一方的なロシアの攻撃に対抗して欧米諸国から兵器の支援を受けているウクライナは軍事的に応戦しているものの、欧米による支援が兵力や核兵器の供給に及べば、世界大戦の引き金となることを警戒している。ウクライナの皆さん、日本から応援しています。

 そもそもロシア連邦の国土は千七百万平方キロもあり世界最大で、他国と比較すると、米国、中国、カナダ、ブラジルなどの約二倍、インドの約五倍、日本の四十四倍に当たる。ユーラシア大陸を占めるその国土は、地球の経度方向に約百二十度ほどで約一万キロ、緯度方向に北緯五十五度位から七十五度位まで広がっている。シベリア鉄道で西欧側のバルト海から東洋側の太平洋まで全線の旅をすると一週間位かかる。旧ソ連邦にはロシア人のほか百以上の民族、中国には漢人のほか五十以上の民族が住んでいる。一方、ロシアの隣国であるウクライナ共和国は日本の一.五倍ほどの広さで日本に比べて起伏が少ない国土に、日本の約三分の一の人々が住んでいる。ロシアと中国は広大な国土と気候も地理も様々であり、習慣が違う多くの民族が住んでいるので、強権を使って中央政府が号令しても国民を管理統治することは難しく、地方政府には中央政府の管理が中々行き届かない。

ゴルバチョフの回想
 ちょうどテレビ番組で「ゴルバチョフ九十歳は語る」と言う会見番組を放映していた。彼は自分を「社会主義者」だと言い、「レーニン」を神だと尊敬していると言う。歴史の教科書によればレーニンは共産主義の世界的勝利を目指し一九一〇年にロシアのペテルブルグで十月革命を実行し、「ソビエト国家」を樹立した。民族の嵐が吹き荒れる中、一九一四年に始まった第一次世界大戦が終結したヨーロッパに資本主義の退廃やファシズムが吹き荒れ、ロシアではレーニン亡き後、共産党書記長になった「スターリン」は反対派とみなす人々に対し大量の投獄や処刑をもって独裁的権力をふるった。一九二八年スターリンは重工業化による第一次五カ年計画で社会主義政策の実行を開始した。これをゴルバチョフは「我らの闘いの栄光、青春と飛翔」回想する。ゴルバチョフによれば、彼の祖父はコルホーズ(集団農場)管理者だったと言う。

 「人の生命がどう扱われるか」は何よりも重要であるとゴルバチョフは言う。そうであれば、今回プーチンが命令する「民間ウクライナ人を無差別に虐殺する」は、神に逆らうことだ。ゴルバチョフはロシア人、亡くなった奥さんはウクライナ人だと言う。二人には三人の娘さんがいると言う。ゴルバチョフの親族は共産党によって度々投獄されたり拷問されたりしたと言う。ゴルバチョフはウクライナの自然の写真と共に詩を吟じた。テレビニュースで報じられる中国政府のウイグル自治区にあるウイグル族強制収容所の写真は私の心を痛める。最近ウクライナの都市では、ロシア政府の方針で一旦は取り外された「レーニンの銅像」か「スターリンの銅像」が元通りになったそうだ。その理由は何なのか。これはロシア共産党の誰かが一言言及したからなのか。スターリンと毛沢東は「少数民族浄化」を政策に持っていた。また古来、中国王朝は異なる民族の襲来で滅びることが多いと歴史は語っている。

ウクライナ戦線情報で食傷気味
 我々テレビ視聴者も三か月以上毎日々々戦況と兵器の型名や性能など、収入の足しにもならない詳細な情報を視聴させられる。テレビ局に対しての注文は、日本の経済が改善する情報を流してもらうことだ。実は、ウクライナ・ロシア戦線が始まったおかげで日常生活が強制的に変化した。欧米諸国と同様な行動を取れば、穀物やエネルギー資源の国際価格が暴騰して経済的に損をする。また報道によれば、ロシアに対して「経済的な不利益を与えるため」にロシアから輸入する穀物やエネルギー資源を大幅に減らすと言いながら、実は「あまり実行していない」と言うではないか。日本だけが馬鹿正直に実行しているのではないか。

このコーナーへのご意見やご感想をメール、FAX、おたよりにてお寄せ下さい。(送り先 月刊ハロー編集部)

その他の記事とバックナンバーのリンク

徳川文武の「太平洋から見える日本」 -- 2022年12月号 (Vol.272)

徳川文武の「太平洋から見える日本」 -- 2022年11月号 (Vol.271)

徳川文武の「太平洋から見える日本」 -- 2022年10月号 (Vol.270)

徳川文武の「太平洋から見える日本」 -- 2022年09月号 (Vol.269)

徳川文武の「太平洋から見える日本」 -- 2022年08月号 (Vol.268)

徳川文武の「太平洋から見える日本」 -- 2022年07月号 (Vol.267)

徳川文武の「太平洋から見える日本」 -- 2022年06月号 (Vol.266)

徳川文武の「太平洋から見える日本」 -- 2022年05月号 (Vol.265)

徳川文武の「太平洋から見える日本」 -- 2022年04月号 (Vol.264)

徳川文武の「太平洋から見える日本」 -- 2022年03月号 (Vol.263)

特集記事アーカイブ

バックナンバーの目次へ



月刊 Hello!

毎月22日頃発行

松戸のタウン情報誌 月刊 Hello!
松戸のタウン情報誌



【PR】

杉浦葬儀店 無料見積もり

エムズジャパン求人募集

レギュラー記事

イベント情報

イベント情報

松戸の催し

健康

知って得する情報

健康

クーポン集

すぐに役立つ

クーポン集

アクセスマップ

↑ PAGE TOP