松戸の生活情報サイト::Helloまつど.com

特集記事

Vol.277 -- 2023 年 05 月号

徳川文武の「太平洋から見える日本」 徳川文武

第百六十八回 急速に変貌する情報社会

 インターネットの普及には、道具である「個人用の電子計算機(PC)」の値段が手が届く程度に安価で、PCを使用する「通信網」が完備し、「PC」を使用する「ブラウザ」の操作が容易なことが必要だ。この条件が実用上満たされたのは、一九九五年にマイクロソフトから「ウインドウズ九五」と言う基本ソフトウエア(OS)と企業の業務に利用価値がある応用プログラム、マイクロソフト・オフィス(文書作成、表計算、メイルや予定の管理、スライド作成)が発売されたときだった。PCそのものは、一九八〇年頃にアイ・ビー・エムとアップルから発売されていたが、PC用のOSとPCを動かす「主要演算用半導体(CPU)」の当時の性能は不十分だった。

 インターネットに接続できるPCが事務所にあっても、電話機能が固定線だけでは移動中に電話はできない。携帯無線電話は自動車電話と言われるもので、自動車の蓄電池から電力をもらう必要があった。十分軽い可搬型の充電式電池を内蔵した携帯電話が世に出たのは一九七〇年頃の事である。日本で買取の音声やデータが通信できるデジタル携帯電話は、一九九三年頃から普及してきた。日本で二〇〇八年に発売されたスマートホンはソフトバンクからのアップル製品、その次はNTTドコモからのアンドロイドOS組込だった。スマートホンはPC端末でもあり電話機能も兼ね備えているが、小型である事で価格も高くアップルの上位機種だと十四万円もする。 情報検索
 ヤフー(米国)はインターネットのポータルとして一九六九年に創立され、無料電子メイルと自由語句の無料検索サイトやインターネット上店舗の規模に対応したホームページ作成ツールも準備した。ヤフーの知識検索はサンフランシスコに事務所を置いたウィキメディア協会のデータベースを参照する。社外や自宅から離れたとき、そこに置いてある固定線電話やPCを利用することはできない。そのとき携帯電話機能があるPCも必要になる。それがスマートホンである。そのような携帯無線端末で時刻表や交通費も知りたい。移動している最中に友人と食事の約束もしたい。二〇〇三年にスタンフォードの学生と教授が創業したグーグルは強力な検索エンジンで利用者に知識検索の結果を無料で知らせることと引き換えに、利用者の動向や嗜好を追跡し、予測した広告を利用者の画面に掲載するサービスで莫大な利益を上げ始めた。

 このところ、テレビニュース番組ではChat GPTと言う「質問型人工頭脳」の開発が実用化に近いと期待されていると言う。投げかけた英語の質問に対する日本語の回答が誠に自然だと入力した女性が語っていた。番組に招かれた池上彰さんは、「質問型の回答」は「大容量データ」からの学習結果から帰納されると言うが、自分の名前を入力して「どんな人物か」と問いかけると、経歴など基本的な事柄が全く違うと言う。日本人には同名の人が何人もいるから、回答をより正確にするための追加入力が必要なのだと感じた。Chat GPTを開発している米国企業Open AI社の社長は岸田総理に面会するため来日した。社長はスタンフォード大学のコンピュータサイエンス学科卒業生で、ぜひ日本に開発事務所を開きたいと報道陣との会見で述べていた。

情報検索の良し悪し
 もう十五年以上も前の事だが、昔の友人の取り計らいで、米国シリコンバレイのハイテク企業を退職して日本の大学で教職をやる機会に恵まれた。教える大学の学生たちの履修科目の成績は、「提出する課題レポート」の内容で評価される。学生にとってはレポートの作成は手数がかかる仕事だが、インターネットが普及している現在、学生同士で同じ科目を履修して、レポート作成を分担するのは、学生の「得意技」でもある。
 しかし、大学の教師は履修生の数だけの提出レポートをさっと見れば、出所が同じかどうかは一見して分かる。文系の「課題レポート」は字数も多いが、理系の場合「教室内での試験問題」では教材持込許可でも、他人と回答が共有できないから楽ではない。東大はじめ多くの大学では、ウェブで検索した結果をそのまま提出レポートに使用することは許さないと言う考えのようだ。教える側としては、ウェブで検索した結果の写本は、時間をかけて問題を読み解き、「理解の結果」をレポートにしたと言う努力を評価する。最近、悪評で話題になっているのは、SNSサイトに「悪評をばらまき」、情報戦を繰り広げる悪者がいる。ウクライナもロシアもお互いに嘘の情報をばら撒いて相手をかく乱する。インターネットの世界は見にくい人間の世界よりも劣悪である。



このコーナーへのご意見やご感想をメール、FAX、おたよりにてお寄せ下さい。(送り先 月刊ハロー編集部)

その他の記事とバックナンバーのリンク

徳川文武の「太平洋から見える日本」 -- 2024年07月号 (Vol.291)

徳川文武の「太平洋から見える日本」 -- 2024年06月号 (Vol.290)

徳川文武の「太平洋から見える日本」 -- 2024年05月号 (Vol.289)

徳川文武の「太平洋から見える日本」 -- 2024年04月号 (Vol.288)

徳川文武の「太平洋から見える日本」 -- 2024年03月号 (Vol.287)

徳川文武の「太平洋から見える日本」あ -- 2024年02月号 (Vol.286)

徳川文武の「太平洋から見える日本」 -- 2024年01月号 (Vol.285)

徳川文武の「太平洋から見える日本」 -- 2023年12月号 (Vol.284)

徳川文武の「太平洋から見える日本」 -- 2023年11月号 (Vol.283)

徳川文武の「太平洋から見える日本」 -- 2023年10月号 (Vol.282)

特集記事アーカイブ

バックナンバーの目次へ



月刊 Hello!

毎月22日頃発行

松戸のタウン情報誌 月刊 Hello!
松戸のタウン情報誌



【PR】

杉浦葬儀店 無料見積もり

エムズジャパン求人募集

レギュラー記事

イベント情報

イベント情報

松戸の催し

健康

知って得する情報

健康

クーポン集

すぐに役立つ

クーポン集

アクセスマップ

↑ PAGE TOP