松戸の生活情報サイト::Helloまつど.com

特集記事

Vol.291 -- 2024 年 07 月号

徳川文武の「太平洋から見える日本」 徳川文武

第百八十二回 テレビ番組から学ぶ

 我々日本国民は、いろいろな意味で、世界で自分の国が他国とかなり違うと感じている。太平洋戦争敗北までは、日本は神の国で天皇の祖先は天照大神だと教えられてきた。戦争が終わっても、日本人は稀有な優れた大和民族だという自負があった。これは現在中国の習近平主席が漢民族の再興を唱えるのと似ている。太平洋戦争中は、日本が米国と戦争するときには、竹槍で戦えば勝つのだと教えられた。そう言って国民を騙した日本の軍部はどこへ行ってしまったのか。日本国民は軍部が起こした太平洋戦争のおかげで耐乏生活を強いられた。我々日本国民は、太平洋戦争の責任が天皇にあるとは思っていない。天皇は軍部により祭り上げられたと思っている。戦争中、米国に攻められたら、天皇陛下万歳と言って自害せよと軍部に教えられた。そんなことはイスラム国幹部が言うのと、どこも違わない危険な考えだと思うのだが、時代が変わって良かった。

教育予算の大幅増額と大学入学学科試験廃止の提言
 米国の大学には入学の学科試験はないが、小論文を提出する必要はある。米国の場合は、受験する個人の成長の歴史がまとめて提出される。科目の成績のほか、全期間の活動の内容が入学を許す側の学校の関心事なのだ。日本の大学入学では一回の筆記試験の成績だけで学生の能力を評価される。受験勉強に使う時間がもっと生産的な活動に使えば良いのにと、いつもながら悔やまれる。基本的には大学受験では学科別試験は行わず、標準科目の試験のみをおこなえば十分だと思う。

 補修が必要な生徒は各生徒が通う学校でAI補修授業を受けさせる。AI補習授業では、生徒各自が興味を持てる科目を生徒各自やグループでAI教材を使用して共同制作する。この部分の指導は学内や学外の先任者が指導する。この興味科目を部活の一つと考えてもよいが、強制する活動ではないとする。

脱法議員は恥を知れ
 政治資金規正法が施行されているにもかかわらず、政党が政府から受け取った議員分の資金を給付しないなどの違反が自民党で発覚していると言われる。また、派閥事務所から渡されたパーティ券の売上金を報告しない例もあるとテレビ報道では指摘された。何とずさんな金の処理なのだろう。議員は特権を乱用できる立場にある。第二次安倍政権以来、文書取り扱い規定はあまりにも無視されてきた。議員さんには規則を守る節度を保ってほしい。

有権者から議員へ要求したいこと
・議員の出費は議員カードで報告する
・議員用黒塗り車の廃止
・文書通信交通費は議員カードで支払う
・政治パーティ入金は議員カードで振込む

政治活動の報道
 ここ二年程、ロシアによるウクライナ侵攻が続き、戦争関連の報道が多くなったことに紛れ、肝心な国内の政治経済の活動があまり報道されない。ひょっとすると岸田政権は巨額の裏金を払い、国民の関心を政治資金から離すために、ロシア・ウクライナ戦争へ国民の関心をそらして逃げ回っているのではないか。いま日本経済の輸入品市場は円の暴落で食材が高騰しているのではないか。

最後に
 シリコンバレイで日系事業に業務用のソフトウエアの移植を提供している日系ソフトウエア技術者は、仕事を受けるとき日系事業所と直接面接しないと客の要求が的確にわからないと言っていた。その理由は、日本語という言語と日本人が自分の要求を的確に相手に伝える訓練ができていないという重要なことに気が付いた。

 私は数十年前にカリフォルニア大学バークレイ校が幅広く行っていた成人学級の「実用英語作文技法」と言う科目があったことを思い出した。この講座は「技術説明書などを作成するときに必要な要領を教えるのが目的だ。米国では学校の授業で生徒同士が「議論」をする訓練もする。日本では私立学校で「議論」を教える授業もあるかも知れないが、日本人は系企業の要求が文面だけだと明確でないと言うのだ。私はこのソフトウエア技術者の文言をもっともだと感じた。要求を明確に文章にすることは、プログラムを書くときに特に重要だ。

このコーナーへのご意見やご感想をメール、FAX、おたよりにてお寄せ下さい。(送り先 月刊ハロー編集部)

その他の記事とバックナンバーのリンク

徳川文武の「太平洋から見える日本」 -- 2024年07月号 (Vol.291)

徳川文武の「太平洋から見える日本」 -- 2024年06月号 (Vol.290)

徳川文武の「太平洋から見える日本」 -- 2024年05月号 (Vol.289)

徳川文武の「太平洋から見える日本」 -- 2024年04月号 (Vol.288)

徳川文武の「太平洋から見える日本」 -- 2024年03月号 (Vol.287)

徳川文武の「太平洋から見える日本」あ -- 2024年02月号 (Vol.286)

徳川文武の「太平洋から見える日本」 -- 2024年01月号 (Vol.285)

徳川文武の「太平洋から見える日本」 -- 2023年12月号 (Vol.284)

徳川文武の「太平洋から見える日本」 -- 2023年11月号 (Vol.283)

徳川文武の「太平洋から見える日本」 -- 2023年10月号 (Vol.282)

特集記事アーカイブ

バックナンバーの目次へ



月刊 Hello!

毎月22日頃発行

松戸のタウン情報誌 月刊 Hello!
松戸のタウン情報誌



【PR】

杉浦葬儀店 無料見積もり

エムズジャパン求人募集

レギュラー記事

イベント情報

イベント情報

松戸の催し

健康

知って得する情報

健康

クーポン集

すぐに役立つ

クーポン集

アクセスマップ

↑ PAGE TOP